外壁塗装は耐用年数が長いものを選ぼう

外壁塗装とは、建物の一番外側部分に面している部分を塗装して建物を守る役割を持っています。
この外壁塗装の耐久性が建物の寿命を決めるというくらい重要な部分ですから、その種類の選定は慎重に行う必要があるでしょう。


外壁塗装にも種類が色々あり、耐用年数も様々です。

その一つとしてセメントを塗装材として使うモルタル塗装があります。


このモルタル塗装は、セメントを主原料にした塗料を外壁に施行していきますが、塗装が剥げたりヒビが入らないように、複雑な手順を必要とします。



具体的には、モルタルにヒビが入らないようにするためには、骨材としてメッシュの材料を壁に設置してモルタルを乗せていきます。



頑丈にモルタルを塗装していく時のポイントとしては、何度かに分けて塗装することで強度を高めています。さらに外壁塗装に使われるモルタルは防水性能が高くなるように配合されたものを使うことになります。

他の外壁塗装としては、漆喰やウレタン、アクリルなどを使った塗料などもありますが、耐用年数が高寿命になるに従って、施工価格も上がっていくことが通常になっています。



塗料を外壁に塗る方法の他にも、そのまま外壁として使える板などを設置する方法などもあるため、用途や好みのデザインに沿ったものを選ぶことがいいでしょう。

建物とは長く使うものが多いですから、なるべく耐用年数が長いものを使うことが重要です。

耐用年数が短ければ、何度も塗装を繰り返すことになりますから費用も上がってしまうことに注意してください。